【カラミざかり】うざい!iPhoneスマホ広告を消す方法(広告ブロックする方法 、広告の消し方)

みなさん、ネットサーフィン楽しんでますか? 今日はこのエントリーから、うざい、キモい(気持ち悪い)、消したい、消えて欲しい、広告ブロックしたい、カラミざかりのバナーなどの消したい広告の削除方法をレクチャーします。昨今非常にスマホなどのモバイル広告を消す、非表示、広告ブロックしたいというニーズが高いようです。SafariやChrome、Firefox、smoozでサイトをブラウジングする方が多いようですが、そのまま閲覧するとサイトの広告ブロック、消すことはできますせん。

※すぐにiPhone向け広告を消す、広告ブロック、除去アプリアプリをゲットしたい人は

まず、一般にスマホ向けのバナー広告で削除、消したい嫌なものといえば、こんな感じですよね。 サイトによって程度の差は大きいのですが。。。 ・狭い画面のiPhoneなのに大きく表示されて邪魔 ・消したい、消えて欲しい。広告ブロックしたい。 ・降りてくる広告には、誤タップさせようとする悪意を感じるものがある ・とにかく、うざい。本当にウザい!除去! ・求めていないのにエロい、グロい漫画やアニメ、ゲームの広告がiPhoneに出て不快 ・キモいダイエット、コンプレックス商材の広告が出るので、消したい、消えて欲しい ・iPhoneの画面を覆う広告が出たりで、目的のコンテンツを楽しめない ・iPhone画面の下部に常に表示されるので、鬱陶しいし、うざい ・間違って広告タップしようものなら、別ページや別サイトに行っても、しつこいストーカーのように追尾され、どこに行っても同じ広告だらけ ・電車移動のスキマ時間にネット見てたら、消したい、消えて欲しいアダルト広告が出ていて、周りの目に怯える ・スクロールやスワイプに合わせて、画面の中部から「にぅ」っと降りてくる広告をタップし、地雷を踏んだ気分。 ・そもそも透明で、いきなりタップした事になる「見えない騙しモンスター広告」 ・バツボタンがない広告、×印が押せない広告、押しても消せない広告 ・そもそも×印が小さいので、間違えてタップさせる意図すら感じる ・記事へのリンクのように見せかけたステルスマーケティング(ステマ)広告 ・iPhoneでページスクロールしてたら、突如として発生するポップアップ広告 などなど、多くの方々が不愉快に感じている目ざわりな消したい広告は枚挙に暇がありません。 そもそも、うざいのみならず、広告をスマホ表示させるには広告ブロックなしでは、データ通信や電力が発生します。 そのデータ通信や電力の料金を支払っているのは、他ならねサイト閲覧者です。 広告を「見る自由」「消す自由」。そこには選択肢があっても良いはずです。 テレビの世界では視聴者は番組間のCMをザッピングして「消す自由」がありますが、スマホの世界では半ば強制的に見せられるというのが実情です。 望みもしない、消したい、消えて欲しい、キモい、気持ちが悪いのを強制的に見せられるのみならず、誤タップを促す、降りてくる広告は、もはやテロと言えるかも知れませんね。

※すぐに広告を消す、広告ブロック、除去アプリをゲットしたい人は


インターネット広告は基本的に以下の構造になっています。 ①広告表示 ↓ ②広告タップ ↓ ③広告主サイトorアプリなどへ遷移 ↓ ④サイト登録、アプリインストール ↓ ⑤広告主サービス内で購入や課金など 広告主が広告費を支払うタイミングは①②④⑤それぞれありますが、広告の契約によってまちまちです。 最も分母が大きいのは①広告表示ですが、まず大半の人はクリックしません。 ②の広告をクリックするのは通常ではおおよそ、300人に1人がいいところでしょう。 ※間違えタップをする人は、広告の出し方によってはかなりいますが、当然④以降に進む人は皆無に等しいのは想像に難しくありません。 さらに、広告に興味を持ち実際に④のアクションをする人は一般に3%前後です。 ④に到達するのは①で広告を見た人の内、0.01%程度と推定されます。 つまり、1万人中1人の人が直ちに⑤でお金を使ってくれる見込みもない人たちです。 少なくとも1万人中9700人程度は広告を表示させても意味のない人たちです。 <消費者視点> ・9,700人にとっては消せない望まないものを見させられ、ギガを消費 <広告主視点> ・広告費用投下の仕方次第では、広告費の浪費になる ・9700人の消費者の心証毀損 <サイト運営者> ・9700人の消費者の心証毀損&ブランドイメージ低下 短期的に見てもほんの限られたごく一部の人のためにしかなっていません。 9700人の中には広告を「見てもいい人」「消したい/見たくない人」がいるはずです。 おそらく、圧倒的多数を占めるであろう後者に広告をブロック、消す、除去、削除し、見せないことでその圧倒的マジョリティの顧客満足度は向上します。もちろん広告主も機会損失や損をすることもありません。 そう、望まない人にはスマホ広告は見せるべきではないのです。一部で例外的に言えるのはその商品を探しているorファンである消費者です。 そのような消費者は自ら望んで検索をし、広告主サイトやSNSなどでフォローをするでしょう。 その気がない人をその気にさせることほど、費用対効果(金銭対価、イメージ向上)が悪いものはありません。

※すぐにに広告を消す、広告ブロック、除去アプリをゲットしたい人は

さて、うざい、キモい(気持ち悪い)カラミざかりは常に広告の多いことで有名で広告ブロックや消す、削除するの需要が非常に高い広告です。うざい、キモい(気持ち悪い)カラミざかりの広告をみた人たちは広告ブロックするなど広告を消すなどどうにかしたいという声を多く目にします。 うざい、キモい(気持ち悪い)カラミざかりの広告バナーへの特徴を箇条書きにしてみます。 ・広告数が多い、大きい ・エロ、アダルト要素のある ・降りてくる広告(オーバーレイ広告)があり、閲覧に邪魔 ・目障り、うざい、鬱陶しい、しつこいので、消したい ・キモい、気持ち悪い、気分が悪い、不快、不愉快 ・Safariで見ると降りてくる広告(オーバーレイ広告)があり、閲覧に邪魔 ・意図しない広告タップをしてしまう配置に広告が掲載 上記からiPhone閲覧時に広告ブロック、削除ニーズが非常に高いサイトであることが見て取れます。 ここまではうざい、キモい(気持ち悪い)、消したい、消えて欲しい、カラミざかりの広告について述べてきましたが、バナーをはじめとした邪魔なバナーを消す広告ブロックアプリを紹介します。

広告ブロック、消すアプリについてiPhoneユーザーは、以下のリンクからダウンロードが可能です。


記事をご覧頂きましてありがとうございました!